スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

10日遅れの春

2015/04/28 写真は田打ちの様子

平場の降雪は例年より少なく 除雪車の出動も2〜3回程度でしたが、山間地はいつもより多かったようで、田んぼの付近の太めの木が何本か折れていた。こんな年は珍しい。

そんな訳で 苗株の掘り越しも、春耕(田打ち)も例年より10日ほど遅れてのスタートになります。
ですが 田植えも 秋の収獲も例年通りに行います。

従って 秋のマコモタケの旬は 10月初旬〜中旬と例年通りになると思います。
但し、秋の気温が猛暑だったりすると 旬の時期が遅くなるかも知れません。

at 09:41, rakunouclub, マコモタケ

comments(0), trackbacks(0), pookmark

新幹線は通ったけれど




北陸新幹線 金沢行き かがやき号 

近所のトンネルの上から撮影しました。
開通によって多少の利便性が向上しますが、これで活性化などと期待したら後で失望することになります。
多かれ少なかれ 日本中がどこもかしこも 二言目には 町起こしだ 活性化だと 騒いでますが、全国区での競合に勝つには 余程の僥倖に恵まれるか、さもなくば とてつもなく大きな企画・投資をするか いずれにしても 並みの努力では成功は望めません。

at 17:25, rakunouclub, ふるさとの風景

comments(0), trackbacks(0), pookmark

2014 初出荷 


2014初出荷 表面
2014 09 25
たった1kg されど1kg 7本です
一万本以上収穫する内の7本ですが、何と言っても初陣を飾った7本です。
この7本1kg どなたに送るか・・・千葉県茂原市のNさんにしました
 

at 09:54, rakunouclub, マコモタケ

comments(0), trackbacks(0), pookmark

今年の初物 9千分の1本

2014 
2014年9月23日
初物 左 203g 23cm(A品です)
   右 55g  13cm(B品です)
本格的な収穫は 一週間後くらいか?

at 09:35, rakunouclub, マコモタケ

comments(0), trackbacks(0), pookmark

田植えから2ヶ月経ちました

田植えから2ヶ月
2014.07.10
 
田植えから2ヶ月経ちました。
丈は悠に1.5mを超え 3本の小さな苗が10本に分けつしました。

at 04:21, rakunouclub, マコモタケ

comments(0), trackbacks(0), pookmark

マルチしました

マルチしました
2014.05.16

雑草防除用のマルチを敷きました。
一行置きにしたのは他の作業をするために空けました。
1ケ月もすると根が枯れて草が生えなくなりますので
隣の行にマルチを移動させます

at 11:01, rakunouclub, マコモタケ

comments(0), trackbacks(0), pookmark

田植えから5日経った

田植えから5日経った
2014 05 08
5月3日に田植えして 今日で五日目 10cmほどの苗もようやく田んぼの土に着いたようだ。

田植えの準備から後始末まで1週間 丁度 世間のGWと重なり行楽どころではなかった。
もっとも この年齢(73歳)になるとGWもあまり関心がない。

この後、秋の収獲まで色々と面倒な作業が待っているが、それがまた楽しみと言えば楽しみなんです。
「正調マコモタケ」の名に相応しい立派なマコモタケの成長を願って秋を待ちます。

at 11:52, rakunouclub, マコモタケ

comments(0), trackbacks(0), pookmark

2014年はどんな年

喪中を経て 2014年が明けて1ヶ月が経過しようとしています。

年賀欠礼 1月23日に脱腸の手術 1月28日から自己導尿の開始 と長年の懸案だった病気の解消作業から始まった今年。

この出足が吉なのか、凶なのか? 神のみぞ知る というこです。

この出足を躓きと捉えるのか、懸案解消と見るのかで見方も随分変わってきます。
是非、吉 と考え 正調マコモタケの普及に邁進します。

マコモタケの製販に関しては今年も色々と試して見たい課題がたくさんあります。
成果ののほどは秋にご報告させて頂きます。

では、本年もどうぞ宜しくお願い致します

楽農倶楽部 八木貞宏
ブログ管理者

at 07:40, rakunouclub, 雑感

comments(0), trackbacks(0), pookmark

越後と遠州 謙信と家康 その2

2013/11/29 その1の続き

 先般 地域活性化策の一環と称して静岡県の某市からマコモタケの勉強にやって来た一行があったと その1 で書きましたが、これが とんだ食わせ物でだった言うお話です。
 最近はこの類いの視察や苗株の申込みは全て断っているのですが、先方の熱意を認め快く受け入れました。
 11年間の蓄積した研究の成果を伝授し、更に今後の指導も約束しました。
 誤解の無いように言っときますが、これら一連の指導は全て無償です。
 しかし、しかしですよ! 一行が帰られてから10日を過ぎても 何の音沙汰もありません。
 礼状はおろか、メールでさえも挨拶がありません
 物やお金が欲しい訳ではない、お礼の手紙が欲しい訳でもありません。だが、だがしかし、最低限の礼儀は必要でしょう。
 それが常識というものでしょう。
一行が拙宅での勉強会を終えたあと 黒部で一泊と言っていたが、今回の視察旅行の本命は黒部だったのか!、と意気込んでい た自分が馬鹿らしく思えてきました。
 どうやら 私は刺身のツマにされたようだ。

 恩着せがましい事は言いたくないが、敢えて言わせてもらう。
 能生駅までの送迎、山間のマコモタケ圃場への案内、拙宅での接待、それにも増して何百万円ものコストを掛けて得た研究の成果を 惜しげもなく公開するなど これだけの もてなし をする者が他にあるでしょうか。
然るに 千円の菓子折り一つで 茶化そうとする卑しい根性には辟易するばかりです。

 至れり尽くせり 無償でノウハウを公開することが 返って仇になってしまったのでしょうか?
 10万円ほどの授業料を要求すれば もっと真剣になって貰えたのでは とさえ思えてきます。
 どっちにしても 一行の熱意や志しを 見誤まり過剰反応してしまった 自分にも腹が立つ。
 覆水 盆に返らず と言いますが、彼らがこのブログを見れば 誤解だと言い訳をしてくるだろう。

何と言い訳しようと その後の対応、誠意の無さが心の内を物語っているのだから 隠しようがありません。
これが遠州の常識で 越後のもてなしが非常識なのか 策謀と小心の家康と義仁の謙信と そこから見えてくるものが答えを出してくれている。

今後、再び彼らと接触することはないだろ。
 


 
 

at 13:52, rakunouclub, マコモタケ

comments(0), trackbacks(0), pookmark

越後と遠州 謙信と家康 何のこと

2013/11/27

11月19日のブログを訳あって削除しました。
過日 遠州の某市からマコモタケの勉強にこられた一行がありましが、その様子を写真を入れて掲載したのですが・・・・。

義仁の人上杉謙信 策謀と小心の家康 これが世間一般の評価では。
両者の違いはどこから来るのか?
風土か、住民性か、個人の資質か。

マコモタケと上記の記述とどんな関係があるのか?
その訳は 二日後 29日の本欄をご覧頂ければ分かります。

では、また。
 

at 08:16, rakunouclub, マコモタケ

comments(0), trackbacks(0), pookmark